母親が子供の相手探しに奔走 「代理婚活」全国に広がる

印刷

   結婚しない息子、娘に代わって、親が結婚のための活動(婚活)をする「代理婚活」が全国に広がっている。子供の結婚を見届けるまでは、「死んでも死にきれない」と必死なのだ。70歳の高齢の親も多いのに、遠方からはるばるお見合いパーティに参加し、我が子の婚活に励んでいる。

「一人で死んで行く息子を想像すると、居ても立っても居られません」

「私達夫婦も老い先が短くなって来て居ります。気懸かりなのは長男が、生涯独身を続けるのか? 私達がなくなって、一人で死んで行く息子を想像すると、居ても立っても居られません」

   ネット上の悩み相談に2008年8月22日に書き込まれた内容だ。有名大の大学院を出て、上場企業に勤めている35歳の息子が結婚する気配がないと心配している。

   09年4月7日付け新潟日報「親のやきもき『孫の顔を』と積極的 県外に代理見合いも参加」と題する記事の中では、同居している35歳の長女が結婚せず、

「出産年齢を考えると、そろそろタイムリミット」

と焦る母親のコメントが紹介されている。

   こうした「親心」をくみ取る形で、5年前から親同士の代理見合いをセッティングしている「あなたのマリッジ オフィス・ナカノ」(福岡市)の中野正彦代表は、

「福岡を出て、東京や大阪などに就職したものの縁がない、と親御さんからの相談が舞い込むようになったのが始まりです。親は心配でたまらないんですよ」

という。

   福岡、北九州、久留米、佐賀で36回の代理見合いを実施。09年4月12日に福岡市で行うと、20組が参加した。多い時には参加者は40組にのぼる。

20歳代の娘を持つ親の参加が増えている

   「代理婚活」を全国展開するところも出てきた。

   9年前から親同士のお見合いパーティ「親の縁は子の縁交流会」を行っているのは、オフィス・アン(札幌市北区)。北海道から九州まで63回行い、7500組以上が参加した。テレビ番組で紹介されたこともあって、問い合わせが殺到しているそうだ。

「子供がいくつになっても、結婚して欲しいと思う親は多い。増えこそすれ減ることはありません。結婚するまでは死んでも死にきれない、と、それはもう、必死ですよ」

と話すのは斎藤美智子代表。

   参加しているのは40~45歳の子を持つ親が多い。70歳以上と高齢だが、遠方からもパーティにやってくる。58歳の娘を持つ親からの相談もある。

   最近は、20歳代の娘を持つ親の参加が増えている。婚活に苦戦する男女のニュースを知り、「売り手市場」の時に相手を探そうということらしい。

   09年内は名古屋、大阪、札幌、岡山、仙台での実施が予定されている。7月4日には東京で開催する予定で、200人前後の参加を見込んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中