2018年 5月 22日 (火)

本物そっくり「電子タバコ」 JR北海道が禁止で論議呼ぶ

印刷

   先端から赤い光、紫煙に似た水蒸気――。こんな本物そっくりの電子タバコが客の誤解を生むとして、JR北海道が電車内やホームなどで使用禁止にした。これに対し、電子タバコ利用者らから反発が出て、論議になっている。

「害がないので、いいんじゃないか」

本物そっくりの紫煙が…
本物そっくりの紫煙が…
「ぱっと見ると、いかにもタバコを吸っているように映ります。列車内で電子タバコを使って、真似してタバコを吸う方が出ると困るんですよ」

   JR北海道の広報部では、2009年5月1日から電車内や駅の禁煙エリアで電子タバコを禁止した理由をこう話す。

   電子タバコは、本物そっくりの電子機器で、吸い込むと香料などを含む水蒸気が出る仕組み。吐き出すときに紫煙状になって、喫煙気分を楽しめる。液体ニコチン入りもあるが、日本では、薬事法上販売できず、個人輸入でしか手に入らない。

   中国・香港の業者が2004年に開発したとされ、07年ごろから世界各地で販売されている。中国製品がほとんどで20種類前後があるとみられ、日本では、最近になって通販サイトやディスカウントショップで扱いが増えてきた。価格は、3000~1万円超ぐらいだ。

   JR北海道によると、車掌が電車内で最近になって使用ケースを目にするようになり、09年3月に3件、4月に3件を確認した。広報部では、「実際に、苦情やトラブルなどの例はありませんが、こうしたことがある前に電子タバコを禁止することにしました」と説明する。少なくとも鉄道会社では、初めての試みという。

   ネット上では、4月30日に発表されると、電子タバコ禁止を巡って賛否両論に。JR北海道にも、1日の実施後、禁止に反発する声が2、3件ほど寄せられた。それは、こんな意見だったという。

「害がないので、いいんじゃないか」
「喫煙者に対して、あまりにも冷たい」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中