2018年 7月 24日 (火)

野村の米国ハイ・イールド債券投信 4300億円で「売り止め」

印刷

   野村証券は、2009年1月に売り出した「米国ハイ・イールド債券投信」の販売を、5月14日から一時停止(売り止め)することを決めた。発売以降、好調に残高を伸ばして現在4300億円に達した。広報部は「当初から5000億円程度を、適正に運用できる上限に設定していた」と説明する。

   この商品は、ダブルB格以下と格付けが低い半面、利回りが高い米国債に投資。円や米ドル、ユーロ、豪ドルなどの通貨を選択できるほか、それぞれに毎月分配型と年2回決算型の15コースがある。少しでも高いリターンを求める個人に好評だが、他の投信商品についても株価の上昇とともに「手応えを感じている」という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中