2019年 3月 26日 (火)

中山美穂が悲惨な過去告白 男に包丁振り回された、帰宅途中に「誘拐」

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   女優の中山美穂さんが仏パリでの生活、子育てについて綴ったエッセイで、「同居していた男性に包丁を振り回された」「小学生の頃に誘拐されそうになった」という悲惨な過去を明かしている。2009年内に中山さんの主演映画が公開される予定だが、なぜこのタイミングで暴露したのか。

誘拐トラウマで、「息子の手を離せない」

加筆した部分で悲惨な過去を綴っている
加筆した部分で悲惨な過去を綴っている

   中山さんのエッセイ「なぜならやさしいまちがあったから」(集英社)は2009年5月8日に発売された。集英社広報室によると初版は3万部で、芸能人のエッセイとしては「多いほう」。発売からまだ3日だが、「出だしは好調だ」。

   女性誌「LEE」での連載(06年10月~09年4月)をまとめたもので、書籍化にあたって、全229ページのうち半分以上の121ページを書き下ろした。 加筆した部分で、こんな悲惨な過去を綴っている。

・「一緒に暮らす男性に包丁を振り回されたことがあります」

   同居していた男性に包丁を振り回された、と驚愕のエピソードを明かしている。いつ、どういう状況で起こったのか、相手の男性は誰なのか、くわしくは書かれていない。

   刺されるかもしれない恐怖を前に、とっさに子どもの頃に似たようなことがあった、と思い出した。刃を向けられたのは中山さんの母親で、中山さんをかばって相手の足に噛みついたので、その隙に逃げた。

   しかし同居男性に襲われた時は逃げずに正面から向き合った、と強さをみせている。

・「もしかしたらあの時命を失っていたかもしれない

   さらに、小学生の頃、帰宅途中に誘拐されかけたと明かす。母親の知り合いが「迎えを頼まれた」と声をかけてきたので車に乗ると、東京から3時間ほど離れた場所に連れて行かれた。結局、何をされるでもなく東京に戻ると、パトカーが何台も待機していた。その時のトラウマで、「息子の手を離せない」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中