JR九州、唐池専務が社長昇格へ

印刷

   JR九州(福岡市)は、石原進社長(64)が代表権のある会長に就任し、唐池恒二専務(58)が社長に昇格する人事を固めた模様だ。各紙が2009年5月11日から12日にかけて相次いで報じたもので、5月19日の閣議了承を経て、6月23日の株主総会後の取締役会で正式決定する見通し。同社の社長交代は02年以来7年ぶり。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中