花粉症の発症年齢 早いのは徳島県の20.2歳

印刷

   ウェザーニューズは、花粉飛散のピーク中に全国(沖縄を除く)で一斉に「花粉症」に関する調査を行ったところ、発症年齢がもっとも早い県は徳島県という結果になった。

   徳島の発症平均年齢は20.2歳だった。続いて2位山形県(20.9歳)、3位宮城県(21.4歳)、4位静岡県(21.7歳)、5位群馬県(21.8歳)となり、東日本が多い。調査は2009年3月8日~9日の2日間実施し、1万5109人(男性 35%、女性65%)の有効回答を得た。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中