2019年 2月 16日 (土)

ユーチューブに大量わいせつ画像 「音楽の削除」に怒り、いやがらせ?

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   独自のサービスが様々な議論が起こっているグーグルが、今度は新たな問題に頭を抱えている。同社が運営する動画投稿サイト「ユーチューブ」に、一部の掲示板利用者が殺到し、「ポルノデー」と銘打ち、大量にわいせつ動画をアップロードしたのだ。ユーチューブ側は動画の削除作業に追われているが、何故こんなことが起こってしまったのか。

「ポルノの日」と名付け大量にアップロード

   騒動が起こったのは、2009年5月20日だ。米国で人気の動画掲示板「4chan(よつばちゃんねる)」と動画共有サイト「eBaum's World」の一部利用者が集結。この日を「Porn Day(ポルノの日)」と名付けた上で、ユーチューブに大量のわいせつ動画をアップロードした。動画には、動画内容とは関係ない「タグ」が付けられているのが特徴だ。このことから、今回の騒動は、例えば「何でもないキーワードで検索したら、何故かわいせつ画像がヒットした」と言うように、検索結果に影響を与えることを目的にした「いたずら」の一種だとみられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中