読売新聞記者 コラム盗用で諭旨退職処分

印刷

   読売新聞大阪本社の運動部記者が中国新聞のコラムの一部を盗用していた問題で、読売新聞は2009年5月27日、この記者を諭旨退職処分とした。盗用したのは、広島カープに関する記事。内部調査により、盗用は計8件あったことがわかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中