2018年 6月 23日 (土)

電話番号入力だけで送金 NTTドコモとみずほ銀提携

印刷

   NTTドコモは、みずほ銀行と「銀行代理店」契約を結んで、専用口座がいらないモバイル送金サービスを始める方針だ。ドコモの携帯電話同士であれば、相手の電話番号を入力するだけで送金できる。

   携帯電話の電話番号での送金サービスは、三菱東京UFJ銀行とauが提携した「じぶん銀行」の例がある。ただ、利用するには「じぶん銀行」に口座を開設する必要がある。ドコモは、みずほ銀行の「銀行代理店」になり、専用口座の開設を不要にする。

夏をメドにサービスを開始

   また、「銀行代理店」を利用すれば、新たに銀行を設立する必要がないため、ドコモにとっては金融庁の認可にかかる手間や時間、コストを抑えることができる。

   ドコモは現在、みずほ銀行と三井住友銀行、福岡銀行との間で「iアプリバンキング」でモバイル送金サービスを提供しているが、これは一たん銀行のサイトに入って操作、送金先の口座番号などを入力する必要がある。新たな送金サービスは電話番号だけなので、利便性が飛躍的に高まる。

   ドコモは「詳細は検討中」としているが、夏をメドにサービスを開始。将来的には公共料金の支払いなどにも対応できるようにする。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中