サイバーエージェント、「コンテンツ連動型広告」の制作強化

印刷

   サイバーエージェントは、ウェブサイトの内容にあわせた広告を表示する「コンテンツ連動型広告」の制作を専門とするクリエイティブ組織を新たに設け、2009年6月3日からコンテンツ連動型広告に関するサービスをパッケージ化した新商品の販売を始めた。

   新設のクリエイティブ組織は、コピーライターやグラフィックデザイナーなどのクリエイター5人で発足。9月には10人体制に拡大する予定だ。コンテンツ連動型広告の制作・運用に特化して活動し、各サイトに掲載する広告や企業のランディングページの制作のほか、全体のテーマ設計も手がける。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中