2020年 11月 30日 (月)

社内運動会が復活 「組織の風通しがよくなった」

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   ここ数年、社内運動会を見直す動きが広がっている。社内の士気が高まる、というのが理由で、新たに実施したり、数年ぶりに復活させたりする会社が出てきた。運営や企画を請け負う会社にも問い合わせが増えているそうだ。

村田製作所は18年ぶり運動会実施

   村田製作所は2007年12月2日、京セラドームで18年ぶりの運動会を開催した。集まったのは、社員とその家族800人。運動会では4チームに分かれ、玉入れ、綱引き、ムカデ競争、部門別対抗リレーなどで競った。競技以外にもハワイ旅行をかけたクイズ大会や、ストラックアウトと呼ばれる的当てゲームなども実施。久しぶりの運動には転ぶ人が続出したと言うが、朝集合し、夕方解散するまでの間、上司も部下も関係なく、ドーム内を駆け回ったという。

   社内運動会を18年ぶりに企画した理由について、同社の広報は「だんだん会社の規模が大きくなってくると、社員同士にも知らない人がいました。それでは組織が活性していかないと思い、社員一体になって盛り上がる企画をと考えました」と明かす。実施後の社内の雰囲気はどうなったのか。

「仕事の際、わからないことがあったら気軽に相談できるようになったという声を聞いています。また、知り合いが増えたという意見もあり、コミュニケーションの活性化には一役買ったのではないかと思います」

   村田製作所以外にも、住友商事は2007年6月に、伊藤忠商事は2008年11月に、三菱商事も2009年3月に、数年ぶりの社内運動会が行われたという。一方、ダイニチ工業や京セラなどでは毎年行われ、30回以上が開催されている。

   WEBサイト「運動会ドットコム」を運営するセレスポでは、こうした社内運動会の企画・運営を請け負っている。2008年度は前年度に比べて、依頼が2倍に増えたという。セレスポでは開催場所の確保や会場のセッティング、希望によっては料理を販売する屋台を設置するなどして、企業の運動会をサポートしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中