2019年 10月 19日 (土)

「古着」カッコよくてエコ 「捨てない」若者急増中

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   古着と手持ちの服をコーディネートした「古着ミックス」なるファッションが、若者の間で人気急上昇中だ。リサイクルショップで数百円で安く手に入れ、自分だけのコーディネートができるというのが人気の理由らしい。背景には、若者の古着に対する意識の変化がある。着なくなった服をネットオークションに出品したり、フリーマーケットで売ったりして、とにかく捨てないのだそうだ。

金をかけずに手持ちの服と交換

   古着の町といえば東京・原宿、下北沢、高円寺だ。週末ともなれば各地から古着マニアが掘り出し物を目当てに足を運ぶ。古着といっても新品に比べてさほど安くもなく、1点物のヴィンテージは元値の数倍するものもある。

   これが従来の古着のイメージだったが、最近はブランド品でもヴィンテージでもない、「ノーブランド」の古着を扱う店が繁盛している。

   トレジャー・ファクトリー(東京都足立区)、フォー・ユー(香川県高松市)といった総合リサイクルショップは、不況下でも売上げを伸ばしている。ノーブランドなので衣類は数百円からと安い。

   古着の通販サイトもいろいろある。なかでも安いと評判の「激安古着.com」は、 Tシャツが240~300円、ジーンズは300円、450円、とほとんどが1000円以下だ。

   物々交換できるサイト「fazoo」も登場した。いらなくなったアイテムの写真を公開しておくと、交換したいと思ったユーザーから連絡が来る仕組みだ。お金をかけずに手持ちの服と交換でき、財布にも環境にもやさしいと人気が上がっている。

   こうして安く手に入れた古着と、手持ちの服を組み合わせた「古着ミックス」というファッションが、最近、若者の間ではやっている。

   SNS大手の「mixi」には、「古着ミックスが好き」という人たちのコミュニティや、「古着屋情報」を交換するコミュもあり、1万~4万人ものメンバーが参加している。

   「古着のニオイ…たまらんです」というマニアも参加しているが、2009年以降に書き込まれたコメントを見ると、「最近古着MIXにはまってます」「最近古着にハマりました」「古着が好きになりただいま勉強中」などとあって、「初心者」が増えているのがうかがえる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中