2018年 5月 23日 (水)

5月の百貨店売上高12.3%減

印刷

   日本百貨店協会は「5月の全国百貨店売上高概況」を2009年6月19日に発表した。それによると、店舗調整後で12.3%減の5112億円、15か月連続のマイナスだった。5月としては、過去最大の下落幅という。

   同協会は、失業率の上昇と所得の減少からの生活防衛意識の強さを指摘。くわえて、5月中旬以降は新型インフルエンザの国内感染の発生により、入店客数が減少したことが影響しているとみている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中