2020年 7月 4日 (土)

「御殿場事件」はえん罪か 長野智子のドキュメンタリーに注目

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   長野智子キャスターがテレビ朝日系で7年間も追い続けている報道ドキュメンタリー番組に注目が集まっている。当時16歳の少女が元同級生ら10人の少年に暴行されたとされる事件。犯行日時について少女の供述が一旦変わっているにもかかわらず、裁判は10人を有罪にした。これはえん罪なのではないか、という内容だ。視聴者の反響が大きく、その続編が2009年6月29日に放送されることが決まった。

「刑務所に送ってやる。一生出てくるな!」

   番組は「報道発ドキュメンタリ宣言」。09年6月1日には「それでも僕らはやってない~親と子の闘い3000日~」が放送されると、番組ホームページには2万以上ものアクセスが集中した。テレビ朝日系では長野キャスターが7年前から「ザ・スクープ」「スーパーモーニング」で取材・報道してきた。

   01年9月16日の午後8時頃の静岡県御殿場。16歳の少女が中学生の元同級生に公園に連れて行かれ、10人の少年に1時間以上にわたりわいせつな行為を受けたと供述した。しかし、目撃者も物的証拠もない。少年の家族らが奔走し、事件が起きたとされる当日のアリバイを立証し、無実を主張。少女も当日、出会い系サイトで知り合った男性と会っていたことを認め、法廷で、

「事実と違うことを言ってしまい、みんなに迷惑を掛けてしまった」

と謝罪した。これで一件落着と思われたが、少女は、乱暴されたのは事実で、暴行されたのは9月9日だった、と主張を変えた。検察は犯行日を変更する訴因変更請求を行い裁判所はそれを認めた。

   この事件の立証の根拠になっているのは少年達の自白だけだ。少年たちは犯行を認めたが、それは取り調べで脅されたり、髪の毛を引っ張られたり、足を蹴られるなどの暴行を受けたからで、長野キャスターのインタビューに対し、

「お前のようなヤツは一生刑務所に送ってやる。一生出てくるな!」
「否認を続けると裁判になり金がかかるぞ」

などと執拗な取り調べが続き、身に覚えのないことだったが罪を認めねばならなかった、と答えている。

   新たな犯行日となった9月9日だが、この日は雨と強い風が吹いており、野外で犯行に及ぶのは難しいうえ、少女の服には雨が付いていなかった、などと裁判で主張したが認められず、07年8月22日に有罪判決が出た。最高裁は09年4月に上告を棄却。さらに、元少年の処分取り消しに対して、静岡家裁沼津支部は被害女性の供述は十分信用できるとし、09年6月5日、申し立てを棄却した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中