2022年 7月 6日 (水)

「Perfumeが歌う意味なし」あ~ちゃんがプロデューサー「批判」?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

「パフューム」を素材としてしか考えていない?

   かしゆか(樫野有香、20)は、ニューアルバムで歌もの以外の曲でも遊んでもらえるようになったことについて「すごく嬉しい」とし、中田プロデューサーのテクノユニット「capsule」に近付いた、と評価した。「capsule」は、こしじまとしこさんがボーカルを担当しているが、音楽主体の曲が多い。 ただ、あ~ちゃんは、かしゆかの見方に対し、

「(ニューアルバムに入っているインストに近い)Speed of Soundみたいなやつばっかりになってくのもどうかと思いますね」

   疑問を示し、さらに、

「しかもPerfumeが歌う意味あるのかなって。capsuleさんはそれでいいじゃないですか。ライブが軸でもないし、こしじまさんすごくかわいくてキレイで、ちょっと揺れてるだけで絵になるし(中略)。でもPerfumeってそうじゃないから。それ(音楽主体)ばっかりになっていくのは怖いけど。ほんとに(パフュームを)素材としてしか考えられないっていうのは、でもそうじゃないと信じているから」

と話している。

   このインタビューを読んだ人たちは、ブログや掲示板で、

「ヤスタカ型ヒューマノイドロボット『アーチャン』がついに自我を持ったということでよろしいのですね」
「てめぇらが曲書けんのか?てめぇらで曲書いてCD出してみろよ」
「中田ヤスタカを有名にしたのが自分達、と言いたいんではないのか?」

などと書いているが、Perfumeの所属事務所スタッフは、

「インタビュー記事全文を読んで頂ければ、ご理解頂けると思いますが、あ~ちゃんがプロデューサーを批判したり、ニューアルバムに不満を持っているということは一切ありません。インタビュー記事の一部分だけで誤解をされないようお願いします」

と話している。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中