20代男性はテレビよりもインターネット利用が多い

印刷

   博報堂DYメディアパートナーズが2009年6月23日に発表した「メディア定点調査2009」によると、地上デジタル放送の利用者は2008年の40.4%から09年は57.1%に、ワンセグ放送は同28.5%から同41.6%に伸びた。また、インターネットの利用時間も増えており、20代の男性は、「テレビ接触時間」が1日あたり110.9分に対し、「PCを通じたインターネット」は同116.1分だった。一週間のメディア接触時間は324分で、ここ数年の微減傾向から、09年は若干増加した。

   この調査は同社が毎年2月に実施しているもの。調査は東京、大阪、高知の3地区で行われ、対象エリアに在住の15~69歳の男女1919人の回答をまとめた。今回の調査期間は09年2月6日~2月19日。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中