2019年 10月 14日 (月)

韓国産格安「第3のビール」 1缶88円で人気

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   不況で消費者の「低価格志向」が進む中、韓国産の「第3のビール」が人気だ。1缶90円以下と国産より30円以上も安いだけでなく、「味も国産とそれほど変わらない」(輸入業者)とのことで、大手量販店では売上が3倍近く伸びたところもあるという。

「安いモノが売れる時代になった」

出荷量が倍増したという「プライムドラフト」
出荷量が倍増したという「プライムドラフト」

   韓国産の「第3のビール」はいくつか日本に入ってきている。

   一部上場の商社「ドウシシャ」は08年6月に、韓国で業界2位の「OB」と協力し、第3のビール「麦之助」を発売。09年1~5月の目標出荷8万ケースに対して、11万ケース以上出荷しており、目標を4割程度上回るペースだという。

   川商フーズが2004年に発売した「プライムドラフト」も好調だ。韓国最大手のビール会社「ハイト」と共同で開発したもので、発売から5年近く経つが、ここにきて人気に火が付き、08年度の出荷量が07年度比倍増したという。

   同社役員は「(不況で)安いモノが売れる時代になった」と見る。

   また、洋酒輸入業を行っている「アクサス」も08年1月に韓国の第3のビールを自社ブランド「こだわり凛麦(りんむぎ)」として販売開始。こちらも、年間30万ケース出荷と「予想以上の売れ行き」だという。実勢価格は85~100円とのことだが、同社担当者は

「安いということだけでなく、味も国産とそんなには変わらないと考えております」

と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中