GM、トヨタの合弁工場から撤退

印刷

   米ゼネラル・モーターズ(GM)は、トヨタ自動車との合弁工場「NUMMI(ヌーミー)」(米カリフォルニア州)から撤退すると2009年6月29日に発表した。25年の歴史に幕を下ろす。日米自動車摩擦をきっかけにGMとトヨタが折半出資し84年から事業を開始。トヨタの「カローラ」や、GMの「ポンティアック・バイブ」など小型車を生産してきた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中