初代社長に足利銀前頭取の池田氏 新生銀行とあおぞら銀行が合併発表

印刷

   新生銀行とあおぞら銀行は、2010年10月をめどに合併することで合意した。09年7月1日に統合契約に調印し、正式に発表した。

   新銀行の初代社長兼経営最高責任者(CEO)には、足利銀行前頭取の池田憲人氏が就任する。新生銀行の八城政基会長兼社長は合併にあわせて退任する。合併比率は1対1。存続会社は新生銀行で、あおぞら銀行は上場廃止となる。

   両行の総資産は合算で約18兆円超となり、中央三井トラスト・ホールディングスを抜いて国内第6位となる。自己資本比率は9.33%、TierI比率は8.00%(09年3月末の合算ベース)。特定の金融グループに属さない中立性を保ち、「メガバンクでも地域金融機関でもないユニークかつ革新的な銀行」をめざす。

   新社長となる池田氏は61歳。横浜銀行から一時国有化された足利銀行の頭取に就任、再建に手腕を発揮した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中