目覚ましに「携帯電話のアラーム」は6割

印刷

   生活者の生の声について調査しているC-NEWSは、睡眠に関する調査結果の一部を2009年7月2日に発表した。

   それによると、普段の睡眠時間について質問したところ、平日では平均6.2時間、休日では7.1時間という結果となった。一方、理想の睡眠時間について聞いたところ、平日が7.3時間、休日が7.7時間という結果に。

   また、「あなたは普段、どのようなものを目覚ましにして起きていますか?」との質問では、「携帯電話・PHSのアラーム機能を使う」と答えた人が59%、「目覚まし時計を使う」が38%、「家族に起こしてもらう」が11%。ちなみに、「携帯電話・PHS」に関しては、10代が64%、20代は79%、30代では68%、40代でも51%という結果だった。

   調査は2009年6月18日~20日、インターネットユーザー1000人から回答を得た。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中