2021年 1月 20日 (水)

24時間マラソン 知名度不足ハンター・イモトとは

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   数々の著名人を走らせてきた日テレ「24時間テレビ」名物のチャリティーマラソン。それが今回は、知名度不足とも言えるお笑いタレントに決まった。名物番組が、そんなキャラクターを引っ張ってきたわけは?

3メートルもの大トカゲから走って逃げる

日テレ番組サイトでも発表
日テレ番組サイトでも発表

   2009年8月29、30日放送のチャリティーマラソンにお目見えするのは、珍獣ハンター・イモトことイモトアヤコさん(23)。同じ日本テレビ系の番組「世界の果てまでイッテQ!」に出演しており、太い眉毛メークとセーラー服がトレードマークだ。

   イモトさんは07年11月、50メートルダッシュの番組オーディションに合格。それ以来、番組の看板コーナーで、世界各国の珍獣を追いかけている。インドネシアではコーナー開始早々、肉を引きずっておびき寄せながら3メートルもの巨大トカゲから走って逃げた。08年6月には、アフリカで6メートルものナイルワニと綱引きを演じた。また、09年6月28日には、高山病の危険を克服してアフリカ最高峰のキリマンジャロ登頂を果たしている。

   これまでに世界21か国、地球を5周する距離を回り、チーターと徒競走するなど200匹の動物相手に「ハンター」してきたという。

   マラソン登場は、番組内で6月9日に告げられ、7月5日になって正式に発表された。会見したイモトさんは、24時間テレビは小さいころから見ていて光栄だとして、「今すっごい燃えてます!」と決意を語った。また、走っている途中で眉毛が消えないかと聞かれ、それはあってはならないのでウォータープルーフを使いたいと話した。セーラー服は、体の負担が大きいので着用せず、Tシャツで走る予定という。

   これに合わせてか、7月5日から自らのブログも始めた。トレーニングには、海外ロケの合間をみて6月11日からすでに入っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中