2019年 9月 21日 (土)

マンホールの隙間にスズメ 「どうしてこうなった」?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「車にひかれる可能性が高いため、救出に努めました」

   この画像は、救出劇があった2年後の09年7月初めくらいから突然、ネットに貼り出された。画像元のすぐやる課のHPには7月7日現在で600件以上のはてなブックマークが付いている。身動きできずに助けを待つスズメの姿が「かわいい」などのコメントのほか、

「なんでこんなところに」
「どうしてこうなった」

といったものが数多く寄せられ、多くの人の関心を惹きつけているようだ。

   すぐやる課担当者によると、同課には放置自転車や騒音などのほか、動物絡みの相談も数多く寄せられるとのこと。08年はカラスに関する相談件数だけで328件。そのうち138件は実際に職員が出動した。また、「ヘビが家の中にいる。何とかしてくれ」という相談もあったという。だが、このスズメに関しては

「現場に着いたらそうなっていたというだけで、どうしてそうなったかは分かりません」

   マンホールに動物が入り込んだという相談は他にないという。東京都の鳥獣保護担当者も、

「もしマンホールのフタが工事で開いていたとしても、通常近くに人がいるので動物が近寄ることはありません」

と話しており、どうやら相当珍しいケースのようだ。

   また、すぐやる課では、野生のハトなどペットではない動物を「助けてあげて」という要望が寄せられても、自然のことなので、そのまま様子を見守ることが多いという。このスズメに関しては

「『何とか助けてあげたい』という相談者の気持ちを汲み取り、また、車にひかれる可能性が高いため、スズメの救出に努めました」(すぐやる課HP)

とのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中