介護認定新基準で、「介護不要」の判定が倍増

印刷

   要介護認定で、介護不要の「自立」と判定された申請者が、2009年4~5月時点で5.0%と前年同期の2.4%より倍増したことが7月13日、厚生労働省の調べで明らかになった。

   4月に導入された介護認定新基準が影響したとみられている。最も軽い「要支援1」も、前年同期比4.0ポイント増えて23.0%にも達した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中