「体内時計」で調光が変わる照明開発へ

印刷

   半導体、電子部品のローム(京都市)と産業機器メーカーの岡村製作所(横浜市)は、脳内にある体内時計が刻むリズム(サーカディアンリズム)にもとづくオフィス用照明システムを共同開発する。2009年7月16日に発表した。商品名は「次(じ)・オフィス ライティングシステム(THE Office Lighting System)」。サーカディアンリズムに則った照度変化や、1日の時間に合わせた色温度変化を自動調光する。照明デザイナー、石井幹子さんがデザインする。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中