2021年 4月 18日 (日)

なにかと話題の阿久根市長 今度はキャラクター物産品

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ブログで市議会攻撃を繰り広げるなどして注目を集めている「ブログ市長」こと阿久根市の竹原信一市長をめぐり、新たな動きが起こっている。宮崎県の東国原英夫知事がキャラクター製品で県産品のPRに一役買ったことから、支持者が「市長の知名度を生かして特産品を発信したい」と発案。市長のイラスト入りシールやポスターを製作して、特産品に貼るなどしてPRするというのだ。

市長デザインしたシール1万枚とポスター20枚製作

市内の食堂には「『ブログ市長』おススメの店」というポスターが張り出されている
市内の食堂には「『ブログ市長』おススメの店」というポスターが張り出されている

   竹原市長をめぐっては、ブログで「辞めさせたい市議会議員」を募集するなどしたことから、市議会が猛反発。2度にわたって不信任案が可決され失職に追い込まれた。ところが、2009年5月31日の出直し選で、市職員の高給への批判などが追い風になったこともあり、反市長派が擁立した候補を破って再選を果たした。

   再選後も、職員労働組合に対して、市庁舎内にある事務所からの退去を命じ、09年4月に出した使用許可を6月になって取り消したことについて、労組側が「取り消しは違法」として鹿児島地裁に提訴するなど、何かと話題は多い。

   そんな中、竹原市長の知名度を利用して特産品をPRしようという動きが起こっている。09年7月上旬、竹原市長の支持者有志が、「ブログ市長おススメ!」というキーワードを商標登録し、市長をデザインしたシール1万枚とポスター20枚を製作。シールは直径5.5センチの円形で、作業着姿の市長が微笑んでいる絵柄だ。ポスターには、市長がPCを操作している様子が映っており、「『ブログ市長』おススメの店」いう見出しが目を引く。シール・ポスターは市内数十か所の事業所に無料配布し、その他は有料で購入してもらう予定だ。

   すでにポスターについては、漁協が経営する、市内でも人気の食堂「ぶえんかん」でも張り出されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中