2021年 6月 14日 (月)

高まる男性の「専業主夫」願望 その背景にあるものは

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   男性の「主夫」願望が高まっているらしい。結婚情報サービスの調べでは、「専業主夫でもかまわない」と考えている男性は6割以上という調査結果もある。専門家は、仕事の厳しさ、とくに正社員に仕事のプレッシャーが高まっていることが原因とみている。

妻の収入がよければ、「専業主夫」でもかまわない

   弁当男子に水筒男子――家事の出来る「男子」は脚光をあびている。主婦と生活社が実施した調査(2008年11月発表)では女性の57.6%、とりわけ20代女性では72.2%が「男性が家事をすることはかっこいいと思う」と回答した。「婚活」が話題となっている中、「これからは男性の婚活にも『家事力』が必須となってくるのかもしれません」と分析している。

   一方、結婚情報サービスのオーネットが2009年6月に発表した結婚意識調査では、20代男性の61.7%、30代男性の69.4%が妻の収入がよければ、「専業主夫」でもかまわないと回答している。調査はインターネットを通じて、男性1135人から回答を得た。これらの調査結果に対して、オーネット広報は「景況感も関係しているだろう」とした上で、こう話す。

「20~30代の世代的な傾向として、男女とも働き、家事をしていこうという雰囲気があります。なにごとも公平に分担しようという意識のあらわれです。それ以前は男性が働き、女性は家庭を守るといった風潮でしたが、これが崩れてきました。男性も家事に対する抵抗がなくなっていることが伺えます」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中