じゃがいも、にんじん高騰 天候不順で8月はさらに深刻

印刷

   日照不足と長雨の影響で野菜の卸売価格が高騰している。じゃがいもは前年の6割高、にんじん、たまねぎも大幅に値上がりし、スーパーマーケットの販売価格も上がり始めた。8月に出荷シーズンを迎える北海道は7月中旬以降、長雨と低温が続き、被害が深刻で、食卓にも相当な影響が出そうだ。

北日本は日照不足、西日本は大雨

   全国の主要19卸売市場の卸売価格をまとめた青果物流通統計旬報(農林水産省)によると、2009年7月中旬はだいこんが26%、にんじん32%、きゅうり30%、じゃがいも60%、たまねぎ47%、前年同期をそれぞれ上回った。ほかにも、はくさい、ほうれんそう、ねぎ、なす、トマト、さといもなどが値上がりしている。

   高騰の原因は、日照不足と長雨が続いていること。6月に北日本を中心に日照不足が続いていたが、7月に入り全国に広がっている。西日本では大雨が続き、農作物に被害が出た。

   国内最大の青果市場、大田市場(東京都大田区)の7月17~23日の卸売価格は、北海道産だいこんが53%、青森産にんじんが102%と2倍、茨城産ねぎが132%、福島産きゅうりが63%、青森産トマトが57%、福島産いんげんが100%、群馬産枝豆が53%、それぞれ前年同期より値上がりした。

   大田市場に本拠を置く青果卸売会社、東京青果の担当者は、こう話す。

「じゃがいも、にんじん、たまねぎが上がっています。7月には西日本、北日本産が例年、入ってくるのですが、09年は数が少ない。加えて8月に本格的に入ってくる北海道産も出足が悪いのです。ただ、キャベツやレタスのように値下がりしている野菜もあります。高騰といっても、野菜全体では08年に比べて5~6%ほどしか上がっていなく、大騒ぎするほどではないと思います」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中