2019年 8月 26日 (月)

好きな男性の個人情報調べまくり これは「ネットストーカー」?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ネット上で「つきまとい行為」をする「ネットストーカー」が問題化する中、ネット利用者の個人情報を克明に調べまくる有様を事細かに書いている匿名日記をめぐり、議論が起きている。また、本人が「ストーカーだという自覚はない」と書き込んだことから、さらに波紋が広がり、すでに約600のブックマークがついている。

女性は「ストーカーだという自覚はない」

   波紋が広がっているのは、「はてなダイアリー」上に匿名で記された「インターネットの人を本気で好きになったのですが」というタイトルの2008年8月5日付の日記。女性の手によって書かれたものとみられ、ネット上で発見した男性の個人情報を調べる様子が事細かに書かれている。女性と男性とは、直接の面識はない様子だ。

   日記によると、女性は男性のブログ、動画配信サービスのユーストリーム(UStream)、ツイッター(Twitter)、ヤフーオークションのページなどを定期的にチェックし、男性の行動を把握。加えて、男性がヤフーオークションに出品していた品物を落札し、住所と本名を入手してもいる。さらに、「いつか行けるだろうかと妄想しながら」グーグルのストリートビューを使って、自宅住所の映像を見たことを明かしている。勤務先についても目星が付いたといい、日記は

「彼の周りに女性の影が見えてきたのでどうしたらいいのか考えている。私はどうしたいんだろう?」

と結ばれている。さらに、「はてなブックマーク」やコメント欄に、行動の異常性を指摘する声が相次ぐと、女性は日記に

「ネタかと言われて逆に驚いている。実話であり脚色どころか抑えて書いている部分もある。ストーカーだという自覚はない。彼が公開している情報を集めているだけだ」

と追記して反論。さらに波紋が広がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中