2019年 11月 18日 (月)

コンビニはもう高収益ムリ セブンの値引き容認の衝撃

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   セブン-イレブン・ジャパンが、消費期限が近づいた弁当などの食品類を値引きして売る「見切り販売」を容認する姿勢に転じ、2009年8月5日、弁当類の値下げ販売を巡る排除措置命令を受け入れたことを公正取引委員会に報告した。店舗の飽和などを背景にコンビニの経営環境は悪化しており、価格競争が広がり、利益率が低下するのではという不安が広がっている。

大量の食品廃棄に対する批判も高まる

   見切り販売の容認は、2009年6月に公正取引委員会から制限をしていたとして排除命令を受けたセブンが、7月末以降、フランチャイズ(FC)契約を結んだ加盟店に示した新たな販売ガイドラインに盛り込まれた。セブンは加盟店に対して値下げの手順を定めたガイドラインの説明を始めた。

   この中で(1)見切り販売については仕入れ価格を上回る価格を設定する(2)値引き販売は消費期限の1時間前からに限定する――などの条件を示した。従来は「一物二価」は消費者に混乱を与え、出店戦略にも影響しかねないとして、値引きをしないよう「経営指導」してきた立場を転換させた。

   その一方、仕入れ価格を下回る価格で見切り販売した場合の損失はすべて加盟店が負担することも明記し、値引きが無制限に広がることにも一定の歯止めを掛けた。

   同社は、見切り販売の制限行為について公取の排除命令を受けた直後に、食品類の廃棄損失の15%を本部側で負担するとの新たな制度を導入した。これは、廃棄損失を軽減するための見切り販売が一気に広がることを防ぐためだ。しかし、公取の排除命令後、大量の食品廃棄物に対する批判が高まったことを受けて「秩序ある値下げ」を認めることに方向を変え、排除命令自体も受け入れることにした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中