「民主政権で10年度に実質GDPが増加」 大和総研が試算

印刷

   民主党政権が成立すれば、実質GDPが2009年度はマイナス0.23ポイントとなるものの10年度がプラス0.12ポイントに増加すると、大和総研が2009年8月20日、試算結果をまとめた。

   それによると、公共投資の削減が経済を悪くするものの、子ども手当支給で個人消費が回復すると見込んでいる。ただ、政権運営によっては流動的な部分もあるとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中