2019年 11月 19日 (火)

石原真理子「自叙伝書いてない」 フジテレビ放送に出版社抗議

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   自叙伝「ふぞろいな秘密」、私は書いていない――。女優の石原真理子さん(45)がフジテレビの番組でこう明かしたことに対し、発行元の出版社がフジに「全くの事実無根」と抗議していたことが分かった。出版当時は自ら会見までして売り込んだというのに、今さらなぜなのか。

「石原さんが本の著者であることは厳然たる事実」

石原真理子さん
石原真理子さん

   テレビドラマ「ふぞろいの林檎たち」で清純派女優として一斉を風靡した石原真理子さん(現在は真理に改名)。その一方で、数々の浮き名や奇行で知られ、「プッツン女優」とも評された。2006年12月に自叙伝「ふぞろいな秘密」を出版したときも、交際した有名人たちの実名を暴露して話題になった。

   ところが、またプッツンしたのか、テレビでの発言が物議を醸している。フジテレビ系で09年8月24日放送のバラエティ番組「SMAP×SMAP」のトークコーナーで、いきなり自叙伝について、「私は書いていない」と断言したのだ。

   番組の中で、石原さんは、出版社からゴーストライターが書いたと思われる原稿が送られてきたと証言。週刊誌で報じられた数々の交際相手の実名が書かれているのに戸惑い、原稿の修正を出版社に依頼したが、「時間がない」とそのまま出版されてしまったと主張した。石原さんは、「目の前で平気でウソをつく人や自分をだます人はいるはずないと信じ込んでいた」と、出版社側を非難するような発言までしている。

   これに対し、自叙伝発行元の双葉社が25日、石原さんの発言は「全くの事実無根」であり、それを鵜呑みにして放送したとして、フジテレビ側に口頭で抗議した。双葉社では、番組の中での全面謝罪も求めている。

   双葉社は26日、コメントを出し、石原さんとは契約を交わし、本の取材テープなど証拠もあるとして、「石原さんが本の著者であることは厳然たる事実」と主張。出版に当たっては、石原さんに何度も足を運んでもらい、原稿を再三確認したとして、「確認作業を怠り、独断で出版したという事実は一切ございません」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中