薄型テレビ出荷台数、7月は41%増 BDは70%増

印刷

   電子情報技術産業協会(JEITA)の調査によると、2009年7月の薄型テレビの出荷台数は、前年同月比41%増の118万4000台だった。サイズ別では30~36型が40.2%増の39万3000台、37型以上が38.2%増の44万4000台。売れ筋は32型で、エコポイントの付与数が多い大型テレビも好調だった。

   DVDビデオは、24万4000台、前年比74.6%と16ヵ月連続の前年割れ。内訳は、DVD録再機が11万5000台で前年比70.0%、DVD再生機が12万9000台で前年比79.3%に留まっている。一方、BDレコーダ/プレーヤは23万5000台で前年比は69.6%増だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中