シャープ、「亀山」の旧世代設備を中国企業に売却

印刷

   シャープは2009年8月31日、三重県亀山市の亀山第1工場にある液晶パネルの旧世代生産設備を、中国・南京市と地元電子メーカーが出資して設立した液晶事業会社に売却する、と発表した。生産技術を提供することで、将来的な現地生産の足がかりとしたい考え。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中