2018年 7月 23日 (月)

変色500円玉 原因は貨幣袋の接着剤

印刷

   神奈川県内の金融機関が保管していた500円玉が変色していた問題で、日本銀行と造幣局は2009年9月1日、貨幣袋に使用されていた接着剤の影響だったことを明らかにした。

   500円玉に含まれている金属と接着剤の成分とが化学反応を起こしたようだ。なお、変色した貨幣は表面の模様が認識できるため、問題なく使えるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中