2019年 9月 21日 (土)

竹原慎二がニートに過激発言 絶賛したのは「隠れニート」?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

「よくぞいってくれた」とカキコミしたのは弱者

   ニート・引きこもり支援団体のNPO法人日本キャリアビジョン研究所(NCVI)代表の鈴木明さんによると、ニートが生まれる背景には、家庭環境や社会環境など様々な要因が複雑に絡まっているため、専門外の人がニートの相談を受けると、おかしな回答になってしまう場合が多い、といい、竹原さんの回答に首を傾げる。そして、今回の竹原さんの回答に匿名で「よくぞ言ってくれた!」などと書き込んでいるのは、

「隠れニートの人達なのかもしれません」

とも分析している。

   ニート予備軍は中学生頃から生まれ、就職して「発症」する。特徴は、勉強をせずに夜通しゲームやケータイで遊び、学校では居眠り。実社会との関係が薄くなり、自分一人で居ることが最も快適に思えてくる。そんな自分を守るため、相手に意見を言わなくなったり、強い者に対し従順になったりする。

「自分では絶対言えない有名人の過激な発言。その尻馬に乗ってはしゃぐ。『よくぞいってくれた』というカキコミは弱者のすること。ニートの兆候が出ていると思っていいでしょう」

と鈴木さんは分析する。

   では、ニートから抜け出るにはどうしたらいいのか。鈴木さんは「親力(おやりょく)」が最も重要だと説く。子供をしっかりしつけ、育てて社会に出していく力のことだ。ただし、親にだけ責任を押しつけることは不合理であり、「個人は社会環境の中でしか改善できない」のだから、途切れてしまった外部との関係を修復するため、地域社会と連動しながら社会復帰に取り組まなければならない、と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中