新型インフルワクチン接種 最優先は医療従事者

印刷

   厚生労働省は、新型インフルエンザワクチン接種における優先順位の計画案を2009年9月4日、公表した。それによると、「最優先」されるのは医療従事者(100万人)。ついで、妊婦(100万人)、持病がある人(900万人)、1歳未満から就学前の子ども(600万人)、1歳未満の子どもの両親(200万人)の順。そのほか、「優先」する人として、重症化リスクがある小・中・高校生(1400万人)、高齢者(2100万人)としている。なお、国内で生産できるワクチンは1800万人分とみられており、それ以外は輸入する方針。また、国産ワクチンの出荷がはじまるのは10月下旬頃。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中