健保、08年度3060億円の赤字 高齢者医療の負担増

印刷

   健康保険組合連合会がまとめた全国1497組合の2008年度決算によると、68.8%の組合が赤字で、経常収支は3060億円の赤字だった。赤字は6年ぶり。「新高齢者医療制度」の創設で、納付金負担が4251億円増えたため。09年9月11日に発表した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中