2020年 4月 8日 (水)

酒井法子芸能界復帰に布石 再起の時期は1年後?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   酒井法子被告(38)の謝罪会見を見たほとんどの人は芸能界復帰の第一歩と受け取ったはずだ。引退するなら元事務所やレコード会社の幹部が会見に立ち会うはずなどない。酒井被告自身、謝罪しながら「新しい出発」を強調していた。要は今後に注目してほしい、というわけだ。芸能評論家も「復帰は当然でしょう」という。後は時期の問題だけなのか。

謝罪会見、あえて各局に映りたかった?

酒井被告の復帰を打診する映画関係者、出版社関係者もいるらしい
酒井被告の復帰を打診する映画関係者、出版社関係者もいるらしい

   酒井法子被告の保釈が決まり、東京湾岸署の玄関前に姿を見せたのは2009年9月17日、午後4時半のことだった。酒井被告はこの時、一言だけ詫びを語り、それを言い終えると、口角をやや持ち上げた笑みを一瞬みせた。用意された車に乗り込む瞬間にもまた、微笑がこぼれた。

   そうして、酒井被告は午後6時半、謝罪会見に挑む。東京湾岸署を出たときの地味なパンツスーツがこの時、ジャケット姿にかわり、化粧もやや厚めにしていた。スポーツ紙の報道では、スタイリストらが用意されていたらしい。

   こうした一連の酒井被告の様子について、芸能リポーターの井上公造さんは、日本テレビ系情報番組「スッキリ!!」(09年9月18日放送)で謝罪会見の印象を問われ、「間違ってはいけないというか、きっちり準備されている」と話した。その上で、井上さんは彼女の様子をこう見た。

「(芸能界)復帰ということを考えないんだったら、お化粧をやり直したり、服を着替えたりする必要性ってあります?」「単に謝罪をするだけなら僕は、すっぴんでもいいと思うし、着替える必要性もないと思う。やっぱり女優としての顔がどこかにあるから復帰というものがないと、そういう発想にはならないと思う」

   しかも、会見の時間は午後6時半に設定されていた。この時間は、民放ではニュース番組の時間帯だ。結局はテレビ東京以外が謝罪会見を生中継し、およそ10分あった一部始終を流したのだった。井上さんは「あえて各局に映りたかった。そこには何か意味があるとしか僕には思えないんですよね」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中