2021年 4月 24日 (土)

女性3人に1人「体は手で洗う」 「肌に負担をかけない」「乾燥させない」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   20~30歳代の女性の3人に1人が、体を洗う際にスポンジやタオルを使わずに、「手」で洗っている。その理由は「肌に負担をかけない」「乾燥させない」ためで、顔と同じようにボディケアに気をつかう女性が増えている。

全体の63%が「スポンジやタオルでゴシゴシ洗う」

   ライオンは20~30歳代の職を持つ女性500人に「体の洗い方」に関する実態調査を行った。

   96%の女性が「毎日、体を洗う」と回答し、そのうち「1日に2回以上洗う」という人は6%だった。

   体の洗い方については「手で洗う」と答えた人が29%で、3人に1人が「手洗い派」であることがわかった。その理由でもっとも多かったのは、「肌に負担をかけないため」(83%)。「乾燥を防ぐため」(35%)、「美肌のため」(24%)、「敏感肌だから」(23%)と続き、「肌のため」という回答が目立った。

   「手洗い派」になったきっかけは、「雑誌で『手で洗う方が肌に負担が少ない』と読んだ」「『顔も手で洗うように、体も手で洗う方がよい』という美容家の人の話をきいたから」で、1~2年前から手で洗っているという人が多い。

   効果については、2人に1人が「乾燥が気にならなくなった」(48%)と回答。「肌がしっとりした」(24%)、「潤いがアップした」(21%)という人もいる。

   一方、全体の63%が「スポンジやタオルでゴシゴシ洗う」と答えていて、その理由は「さっぱりするから」(62%)、「習慣だから」(53%)、「汚れがよく落ちるから」(47%)というもの。ところが、ゴシゴシ派の72%が「体をゴシゴシ洗うと、肌に負担がかかる」とも答えていて、「肌によくない」と感じながらも続けているようだ。調査は2009年9月4日に行い、9月30日に結果を発表した。

   「Yahoo!知恵袋」に「皆さんは体をどうやって洗ってますか?」という質問が9月30日に投げかけられた。

「30代女性です。私はここ10年くらい、手洗い派です。肌が弱いのもありますが、固形石鹸(無添加)をよく泡立てて使っています。夏は背中などの皮脂が沢山出やすい部分のみ、綿かシルクのタオルで洗います」

という回答が書き込まれている。

   別の「手洗い派」は、目の粗いタオルと洗浄力の強いボディソープを合わせて使うと、気がつかないうちに「皮脂(膜)」をそぎ落とし、アトピーやその他の皮膚のトラブルを誘発する原因になっている、と指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中