2020年 10月 31日 (土)

毎日と共同が「有料記事」配信 「ニュースは無料」打ち破れるか

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   毎日新聞と共同通信がニュース記事の「有料配信」に関して新たな動きを見せた。毎日新聞がアマゾンの電子リーダー端末「キンドル(Kindle)」で英字ニュースの有料配信を始めたのに対して、共同通信の記事もアップルのスマートフォン「アイフォーン(iPhone)」で読めるようになった。ネットでは「ニュース記事は無料」という認識が一般的だが、新聞業界による「記事の有料化」は成功するのか。

アマゾンの電子リーダー向けに「英字ニュース」を配信

アイフォーン上で指を動かすだけで、共同通信の写真ニュースを次々と読める
アイフォーン上で指を動かすだけで、共同通信の写真ニュースを次々と読める

   毎日新聞は2009年10月7日、アマゾンが販売する次世代型の電子リーダー端末「キンドル」に向けて、英文サイト「毎日デイリーニューズ」の記事の有料配信を開始した。日本の新聞社としては初めての試みだ。

 

   キンドルは電子ペーパーを搭載したモバイル端末で、携帯電話の通信機能を使ってアマゾンの電子書籍サイト「キンドルストア(Kindle Store)」から電子書籍や電子新聞をダウンロードできる。これまで米国内だけで販売されてきたが、アマゾンは同日、日本を含む100カ国以上でキンドルを販売すると発表し、予約受付を始めたばかりだ。

 

   毎日デイリーニューズもキンドルストアで販売。米国内で購読する場合は月額9ドル99セント(約880円)、米国外の場合は同13ドル99セント(約1230円)で購入できる。

   一方、共同通信も10月7日、新たな有料記事配信を始めた。システム開発会社のイーストが制作した記事閲覧のためのアイフォーンアプリ「共同通信ニュース by 記事蔵」に毎日約150本のニュース記事と約50枚のカラー写真を提供する。こちらは3カ月で350円という価格設定だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中