8月の携帯出荷台数、11.2%減 14か月連続前年割れ

印刷

   電子情報技術産業協会(JEITA)は2009年10月14日、8月の携帯電話・PHSの国内出荷実績を発表した。192万3000台で、前年同月比11.2%減。14か月連続の前年割れとなった。景気の影響を依然強く受けていると見られる。また、携帯電話186万9000台のうち、ワンセグ対応製品は134万2000台で、ワンセグ対応率は71.8%だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中