「赤字国債反対なら、マニフェスト見直しも」 鳩山首相

印刷

   赤字国債発行に踏み切る見通しが強まったことについて、鳩山由紀夫首相は2009年10月15日、国民が反対ならマニフェストの方を見直す可能性があることを明らかにした。

   官邸で記者団に対し明らかにしたもの。鳩山首相は、「マニフェストの実現よりも、やはり国債をこれ以上発行してはいけないと、国民の意思としてそのようなことが伝えられたら、あるいはそういう方向もあると思う」と述べた。ただ、「赤字国債を極力抑えるという思いのもとでマニフェストは実行に移す」ともした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中