2019年 7月 22日 (月)

高校実質無償化の概算要求 朝鮮学校など各種学校も対象

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   民主党が進めている高校授業料の実質無償化の対象に、国公立高校や私立高校だけでなく、専修学校のほか、朝鮮学校、インターナショナルスクールなどの生徒も含まれることが分かった。文部科学省予算概算要求の中に含まれており、国籍も「日本国籍に限定しているわけではない」という。

   文科省は2009年10月15日、10年度の予算概算要求を提出した。09年度比8.98%増の5兆7562億円で、民主党がマニフェストで10年度から実施すると掲げていた公立高校の実質無償化予算として4501億円を計上。低所得者を対象にした奨学金創設に123億円を要求している。

「私立高校生等」に外国人学校生徒が含まれる

   この高校実質無償化に関し、文科省が15日に発表した内容は

「国公立高校生のいる世帯に対し授業料相当額を助成して実質的に授業料を無料にするとともに、私立高校生等のいる世帯に対しても同等額を助成」

というもの。国公立高校の授業料は無料。私立高校生のいる世帯に対しては、国公立高校の授業料と同等額の年間「11万8800円以内」が支給され、低所得世帯に対しては倍の「23万7600円以内」が支給される方針だ。

   「私立高校生等」というのには、文科省初等中等教育局の担当者によると、「高等学校課程に類する専修学校や各種学校」に通う生徒が含まれるという。

   専修学校には美容師や調理師の養成学校などがあり、中卒者対象の高等課程が対象となる。各種学校というのは、学校教育法が定める「学校」ではないものの、学校教育に類する教育機関と規定された学校のこと。看護や簿記学校の他、インターナショナルスクールや北朝鮮系の朝鮮学校の多くが含まれる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中