子宮頸がんワクチン 学会「11~14歳優先」を提言

印刷

   子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)のワクチン承認を受け、日本産科婦人科学会など関係学会は、11~14歳女子への接種を優先させるべきだとの提言を2009年10月16日に発表した。また、1回3万~5万円程度かかる費用については公的負担を求めている。国内で20~30歳代の若い女性の患者が増えているが、ワクチン接種で子宮頸がんの発生は大幅に減るとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中