2018年 7月 23日 (月)

台湾問題「抗議意志ない旨の署名求めた」 NHK、会見で認める

印刷

   日本の台湾統治を扱った「シリーズJAPANデビュー」の第1回放送をめぐり、番組に出演した台湾の人に対して、番組に抗議の意志がない旨の署名をするようにNHK側が求めていたと報じられた問題で、日向英実放送総局長は2009年10月21日の会見で、番組放送後に署名を求めていた事実を認めた。一方、スタッフが番組終了後に台湾まで出向いて署名を求めていたことについては、番組担当者が放送後、出演者に会って感想を聞いたり、改めて番組内容を説明したりするのは当然のこと」とも述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中