9月の中古マンション価格 1都3県で上昇に転じる

印刷

   首都圏の中古マンション価格が2008年以降の下落基調から反転し、21か月ぶりに1都3県のすべてで上昇した。不動産情報の東京カンテイが2009年10月22日に発表した中古マンションの販売動向調査によると、9月の首都圏中古マンションは前月比2.0%上昇して2794万円となり、2か月連続で上昇した。09年4月に割り込んだ2800万円台に回復しつつある。

   1都3県のすべてで上昇したのは07年12月以来のこと。同社では「中古マンションの価格が急落状況から脱したことを物語っている」としている。

   東京都は前月比1.7%増の3709万円、神奈川県は同2.0%増2461万円、埼玉県が同0.8%増1758万円、千葉県は同1.8%増1752万円だった。

   なお、近畿圏(大阪府、兵庫県)は1.1%上昇して1807万円、中部圏(愛知県)は0.9%下落して1510万円だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中