2018年 7月 21日 (土)

9月の輸出、アジア向け振るわず 全体指数は0.32ポイント低下

印刷

   2009年9月の輸出はアジア向けが振るわなかった。内閣府が09年10月22日に発表した9月の輸出数量指数(季節調整値、2005年=100)は、前月に比べて0.32ポイント低下して86.74となった。

   米国向けは自動車やその関連部品などが好調で、0.75ポイント上昇の62.54、EU向けは0.07ポイント増とほぼ横ばいの64.85だったが、アジア向けが4.04ポイントと大きく下落して106.03となった。

   また、9月の輸入数量指数は96.68で、前月比6.55ポイント低下した。米国とアジアからの輸入は増加したが、EUは微減だった。

   なお、指数は財務省が公表している貿易統計を基に内閣府が独自に試算した推定値。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中