2021年 5月 8日 (土)

「人選過程と作業内容に問題」 小沢氏行刷会議に不快感露わ

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   民主党の小沢一郎幹事長は2009年10月26日の会見で、行政刷新会議で予算の無駄使いを洗い出す「事業仕分け」の作業チームに新人議員が多数選ばれたことについて、「まったく党が知らない間に進んでいたし、何をするのかという内容についてもよく分からない」と不快感を露わにした。

   事業仕分けでは、衆参両院の民主党議員32人が10月21日に初会合を開き、活動を始めた。だが、8月の衆院選挙で当選したばかりの新人議員が14人含まれていることに党側が難色を示し、10月23日に予定された会合が突然中止された。その後、26日には平野博文官房長官が「基本的には2期生以上が望ましい」と発言し、新人議員をメンバーから外す考えを表明した。

「まったく党が知らない間に進んでいた」

定例記者会見に臨む小沢一郎幹事長
定例記者会見に臨む小沢一郎幹事長

   このような一連の動きについて、小沢幹事長は、作業チームの人選のプロセスと作業内容の両方に問題があったと指摘。作業の内容については、

「分厚い予算書の項目をみて、これは何のやつだ、これはいいとか悪いとか、そんな判断はベテラン議員でもなかなか簡単にできる問題ではない」

と述べ、経験に乏しい新人議員が事業仕分けに関わっても成果を挙げられないのではないかという見解を示した。人選のプロセスについては、仙谷由人行政刷新担当相から党側への根回しが不十分だったようで、

「まったく党が知らない間に進んでいた。改めて説明を聞いて、相談したい」

と不快感を示した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中