2019年 7月 20日 (土)

産経「名物」女性記者退職 「会社の悪口言わない」誓約書を暴露

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   産経新聞の「名物記者」と言われる福島香織さんが退社する。本名でやっているツイッター上で、「実は私、もうすぐ失業します」と突如明かし、退社後は「会社の悪口いいません」という「誓約書」を書かされたとも暴露した。ネットでは、「新聞社が言論統制」や「このつぶやき自体がまずい」など賛否両論の声が出ている。

   産経新聞社のポータルサイト「イザ!」内でやっている記者ブログによると、福島さんは元中国総局の記者で、2002年から08年まで北京駐在。産経新聞社から『危ない中国』という書籍を出版するなど、中国に対しては一貫して批判的なスタンスをとっている。07年には「軍事機密にふれた覚えはないし、違法な手段で情報を取得した覚えもない」のに、外国人記者証が更新できず、国外退去になりそうな事態に発展。結局記者証は更新できたものの、「40年ぶりに産経記者が中国国外追放か!?」と話題になった。

ツイッターで「もうすぐ失業します」

福島香織さんのツイッター
福島香織さんのツイッター

   2008年秋以降は東京本社に勤め、総選挙で自民党が「下野」した後は新党日本と共産党を担当。また、「福島香織のあれも聞きたい」というコーナーでは、加藤紘一氏や田中康夫氏にインタビューをしている。

   そんな福島さんが産経新聞社を退社すると明かした。2009年10月20日、記者ブログとは別にやっているミニブログ「twitter(ツイッター)」上で「さっき、人事部で失業保険給付の説明をうけた」と投稿した後、

「実は私、もうすぐ失業します。11月30日付けで、会社やめます」

   10月21日にはブログも更新。家庭の事情などが重なったところに早期退職制度があり、利用することにしたという。「初めての失業経験です。どきどき」と綴っているが、退職金と失業保険があるので「じっくりリスタートの戦略をねることとします」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中