講談社に550万円の賠償命令 「週刊現代」記事でJR東労組に

印刷

   「週刊現代」の記事で名誉を傷つけられたなどとして、JR東労組の松崎明・元委員長が発行元の講談社と筆者を相手に1億1000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は原告側の請求を一部認め、同社側に550万円の支払いを命じた。謝罪広告は認められなかった。問題とされていたのは、週刊現代で06年~07年に連載されていた「テロリストに乗っ取られたJR東日本の真実」という記事。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中